趣味

ドイツ暮らしで得た技 その2

その1があるということは、その2もあるということで。。。

またしても、期待外れな内容になりそうですが、ご勘弁を。

過去のブログをお読みになった方は
私がどんなタイプの人間か想像がつくかもしれません。

疑う余地もない「体育会系」です。

そんな私がドイツに居る間に手芸(ビーズ)好き heart04 になってしまいました。
人間、変われるものです。

30年以上培ってきたので sweat01 基本は体育会系ですが、
そこに、今まで私の辞書 book には無かった「手芸(ビーズ)」という文字が加わり、
人生が豊かになったような気がします wink

やはり、これも近所に住む日本人の奥さんから学んだ技ではありますが、
材料を調達するために、街中の大きな手芸屋さんに繰り出したり、
はたまた地元の駅前の小さな手芸屋さんに入り浸ったりしている間に
だんだん目が肥えてきました eye

初期はテグスでこういうのを作っていましたが、

Pa0_0167

ステッチやクロッシェを習いたくなったのです。

地元の手芸屋のおばちゃん(店主)がお店で数人集めてステッチの教室を開いており、
テグスにはない柔らかさや立体感(?)に魅かれ、早速、申し込み。
しかし、・・・す、すごい!ウェイティング状態 coldsweats02
残念ながら、帰国するまでに私の順番が回ってこず、
ドイツで習うことはできませんでした weep

テグスやピン系もかなりの量を制作しました。
バザーの時には友人とお店(ビーズアクセサリーの店)を出したりもしました。

日本に戻ってからも、バザーで手作り品の提供依頼があると
こんなの ↓ を出したりしています。
(今年度は”あの”仕事のお陰で時間が取れず、出品できず weep

Pa0_0168

これはステッチですね。(針と糸で編みます。)
結構、スイスイできてしまうので、色んな色で作ります。
また、高級ビーズを使用しない(=安い値段が付けられる)ので、
子どもたちも喜んで買って行ってくれます。
女の子はこういったキラキラ系が好きですね heart04

そうなんです。
ドイツではステッチとクロッシェは習えませんでしたが、
日本に戻ってから教室に通いました。
(現在、クロッシェは習っている途中です。
が!”あの”仕事のお陰でなかなか教室に行けません crying

ビーズに向かっている時は、ホント楽しいです。
素敵な趣味に出会え、友人に感謝です。

新居に(私には)贅沢すぎるパントリーが付くのですが、
多分、そこの一部はビーズ(パーツ)置き場となるでしょう。。。

しかし、こうした趣味というのは、時間がないとなかなかできません。
あ〜、ゆとりの時間が欲しい。。。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ

無料ブログはココログ